いろいろ大変な腎臓病の食事制限は宅配食におまかせしよう!

食事をして摂り入れたたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓中で分解されて、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓にもたらす負担が増加します。腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、不足しないように補給する必要があります。毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、食事のメニューはどのようにしたらよいか、減塩のポイントなどを教えます。低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それに必要な紹介や説明もしていきます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明確にします。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかを知ることが可能です。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘いものと言えど思った以上に多量のたんぱく質が入っています。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個程のたんぱく質が内包されています。水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、食材の品目や調理時の処理時間や形状・水量により違いが出ます。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、きちんと搾る事で効果は高まります。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。それぞれの食品に含まれる蛋白量を確認したければよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導でいろいろと工夫してやっていけます。もし開業医さんで食事指導まで行き届かない場合は、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、専門的な意見をもらってもよいでしょう。腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、これまで摂っていたカリウムの量を減らす必要が出てきます。一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生の野菜や果物と比べて大概はカリウム含有量が非常に高いです。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。尿をつくる臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を作る働きをしたり、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。腎臓の治療はもちろん病院にきてふさわしい治療を受けることも先決ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切です。 腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、なるべく腎臓病を悪化させない事と、健康状態の維持になります。透析の要らない保存期のうちは、食事療法によって腎不全が進行しないようにできますし、透析導入を遅らせることができます。この他、透析を要する状況となっても、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は大きな意味を持ちます。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質の場合分離されれば7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負荷が及びます。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で現すと30~40g程になります。薬物療法と食事療法がCKD治療の要となり、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、減塩食は高血圧治療を容易にして、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は美味しくない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施するのが難しい方もたくさん見られます。購入はこちら>>>>>腎臓病 食事 宅配