クレアチニンを下げるにはクレアギニンEXと食事制限が基本です

慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明白に改善することは少ないので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があるんです。濃縮加工した野菜ジュースは、生野菜(ドレッシングや塩のとり過ぎには注意が必要でしょう)や素のままの果物に比べてそのものにふくまれたカリウムの量が圧倒的に多いです。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、高カリウム血症を呈する危険性が多くなります。健康な腎臓機能でなくなると、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、遅らせたりすることが可能です。末期の腎不全であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものやクレアギニンEXの服用には多種イロイロな治療法も増えているので、患者自身の現状に照らし合わせた最新の治療が期待できます。私たちの腎臓はソラマメに似た形をしており左右に一個ずつ、腰の辺りに存在します。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管が数多く存在している場所でもあるのです。腎臓の主な働きは、たんぱく質の代謝により生じた血液中の老廃物や毒素といったものを尿とともに体外へ排出します。体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、また、赤血球を創り出すホルモンや血圧(収縮期血圧・最高血圧と拡張期血圧・最低血圧を測定することで、健康状態を検査します)なども調整し、骨の組織に関係するホルモンを形成するなどの私たちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。薬物療法と宅配食による食事療法がCKD治療の要となり、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、そのうち減塩食は高血圧(収縮期血圧・最高血圧と拡張期血圧・最低血圧を測定することで、健康状態を検査します)治療の手間を省き、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量に比べると約半分であるせいで、いわゆる蛋白制限食は不味い、その他にもカロリーが不足するなどで、実施に及ばない方も多々見かけます。食塩の制限は、腎臓の負担を軽減することに繋がります。食塩摂取の適量は、一日6g未満とされています。市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、生の食品選びを心がけましょう。料理には天然のだしで味付けしてみましょう。慣れてくると、薄味でもおいしく食べることができるんです。たんぱく質が多くふくまれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があるんです。これらのたんぱく質を含んだ食品以外でも、たんぱく質制限が必要な方用に「低たんぱく食品」が一般に販売されています。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみて頂戴。腎臓病が徐々に進展してくるといわゆる腎不全と言われる病態に移ります。そのうち、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけて徐々に腎機能が悪化する慢性腎不全があるんです。急性腎不全では、適切な治療を行って腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、腎臓の機能が回復する可能性があるんです。一方、慢性腎不全では腎不全の進行に伴って腎臓の機能が遅々として失われ、機能回復は期待できません。日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、食事のメニューはどのようにしたらよいか、あるいは食塩の抑え方などを指導します。クレアチニンを下げるには低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。摂取量の計算方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)として、日中の糞尿の検査をします。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかを知ることが可能です。近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を創り体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧(収縮期血圧・最高血圧と拡張期血圧・最低血圧を測定することで、健康状態を検査します)をコントロールしたり、赤血球を生成したり、たいへん重要な働きを私たちの体の中で行っています。腎臓病治療は当然病院でふさわしい治療を受けることも先決ですが、毎日の食事や生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)習慣を改めることの方が大切です。 腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、感染などで後天的に起こるものまで色々ですが、日頃から健康診断を怠らないようにし、病気と無縁の生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)状態を意識することで気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。ただし、腎臓病の種類によりは進行に気づかず自分ではナカナカわからなかったりするので、病気を未然に防ぐには自己管理も必要です。たとえば、いつ持とはちがう尿が出た場合は、医師の診断を仰ぎ自己判断を避けましょう。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。60kg前後を標準体重とすると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。食品における蛋白含有量を知りたければ食品標準成分表で確認できます。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導で自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。開業医さんで食事指導が難しい場合は、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、専門的な意見をもらってもよいでしょう。詳しく調べたい方はこちら>>>>>クレアギニンEX クレアチニン