高齢者の間で注目されていますフレイル(虚弱)とは?

最近、高齢者の間で注目されていますフレイル(虚弱)とは一体なんでしょうか。フレイルとは昔にくらべて思うように体を動かせなくなったり体重が落ちてしまったりなどと、このままでは要介護の状態になる恐れが十分にある状態のことです。フレイルの状態から、筋肉量の低下「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の障害により歩行や日常生活に支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、さらに悪化すると寝たきりの状態になってしまう可能性が高い場合にはいいます。そして十分な栄養を摂らないことこそが、最悪の事態を引き起こす原因なのです。体力、そして抵抗力のなさを感じない体を保つためにエネルギーを、いつまでも体を不自由なく動かせるように質のよいタンパク質の多くふくまれているものを積極的に摂るようにしましょう。質の良いタンパク質の例として卵や豆腐が挙げられるので、肉や魚が食べにくい人は、その替りに卵や豆腐を食べることでタンパク質を十分に摂取することができます。そして肉や魚から摂取できる動物性たんぱく質にはアミノ酸、ビタミンそしてミネラルなどの栄養素がふくまれているため、毎日食べる食品の種類が多ければ多いほど、年齢を重ねても衰えることなく、長生きできるそうです。食べる機能は加齢や疾患(原因がはっきりしないことも多く、治療法がみつかっていないものも少なくありません)によって低下します。食事が思うようにできない方のために介護食がありますが、機能の低下など人それぞれです。安全で安心して食事をするための目安の指標としてレベルごとに分けられているのが介護食です。嚥下食ピラミッドは全ての食事を摂食・嚥下の難易度にあわせて、わかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、各レベルに食物の形態や、やわらかさなどの条件を基準化することで、病院や施設に行くのが難しい方でもご家庭で安全な食事形態の目安として使いやすい指標です。病院で出される食事は主に、完成した料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、見た目、美味しさのどちらを取っても満足いくものではありませんでした。入院中の高齢者の方の食事が進まなかったのは噛めないのではなく、食欲をそそるような見た目・味ではなかったことによるものなので、家では完成品を丸ごとミキサーにかける食事は出さないと決めました。病院で摂食嚥下障害を専門に診ている看護師さん自宅に戻ってからどのような介護食を用意すれば良いかと伺ったら、どんなものでも柔らかくすれば食べられると教えて貰いました。介護食を小分けにして冷凍保存しておけばその都度用意する必要がなくなると気づきました。介護施設の食事は栄養士がバランスの良い献立をつくり、丁寧に調理されたものを出していますが、飲み込むことや噛む力が特に低下している方の場合は、その状態にあった調理方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)で提供する必要があります。また各老人ホームによりますが、もとからなめらかになっている食事ではなく、「ソフト食」という見た目は食べ物その通りですが舌を使って簡単に押しつぶす事ができるものがあり、歯がない方や嚥下能力が低下した方でも、食事を味わえる調理方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)を提案してくれる介護施設も容易に見つけられるでしょう。歳を重ねるにつれて頬がたるんできたり歯が弱くなると、飲み込んだり噛んだりする力も衰えてきます。若い頃平気で食べていたものを食べることが難しくなり、よく飲み込んだときにむせてしまい、食べ物が気管に入って「誤嚥性肺炎」を引き起こす惧れもあります。また、高齢者は一般的に若い頃よりも食欲が低下するため、食べられるものが食べやすい食材などに限られてしまったり、食事量自体が減ってしまい健康的とはいえない状態になってしまっていることがあります。食べることに楽しさが見出せず食べにくさばかりを考えてしまうと、献立を考える楽しさも減り、どれだけ簡単に食事をすませられるかばかり考えてしまいます。そうした場合は、手間のかからない食べ物を加えるなど、たくさん食べられなくても栄養バランスのとれた食事をすることがとても大事です。食欲がないとき、おかゆを食べるだけで安心していませんか?おかゆはごはんより水分が多いので、茶碗一杯分のエネルギーは、ごはんとくらべてなんと半分以下しかありません。もしもおかゆを食べるのだったら、他にもいくつか栄養のある食材を食べることで、足りないエネルギーと栄養を補っていきましょう。年齢、そして怪我や病気が原因で固いものが食べにくい、上手く水分を飲み込めないという類の悩みが増えてきます。介護用食品はどれだけ歳を取っても食事を愉しめるために、食べやすさを第一に考えて造られた商品や、足りない栄養素を十分に補える商品などが用意されています。家庭で介護食を用意するのはとても大変です。介護用食品で、毎日にゆとりが生まれたり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるでしょう。介護をする側もされる側も、どちらも幸せになれる介護食品をぜひ使ってみてちょーだい。食べる側の食欲の有無は、介護食の見た目に関係します。どれだけ無理なく食べられるかにとらわれ過ぎて、食事本来の楽しみである見た目や味に魅力が感じられないと、食欲は無くなってしまいます。口の中でまとまりやすいか、飲み込むときに無理はないかなどに注意深く気を使っています。お年寄りになると唾液の量が減ってくるため、口に入れたときに、水分を吸収してしまうような食べ物は食べるのが大変です。一方で水分が多すぎても、むせこみやすくなってしまうので、口にしやすいものを使って、美味しく食べられるように加工します。介護食は食べやすい形にすることがとても大事ですが、また、なるべく食事を用意しやすくするためにも、専用の調理器具があると結構助けになります。介護食においてとても重要なポイントは、やわらかさ、舌触りの良さ、そして噛みやすい大きさです。フードプロセッサーは水分が少量でも食材を刻む、ペーストにするなど形状に合わせて使用できて便利です。それ以外にもマッシャーやすり鉢を使用してより食べやすい形にすることもできます。それでもなめらかさが足りないときは、裏ごし器を使うことで食感の粗さを感じなくなります。