過活動膀胱など頻尿の種類

過活動膀胱

単純に頻尿といっても、さまざまな種類があります。主な種類の一つとしては過活動膀胱を挙げることができますが、これはどういう頻尿なのでしょうか。過活動膀胱の特徴を挙げますので、参考としてお役立てください。

過活動膀胱とは?

過活動膀胱は泌尿器系の病気であり、膀胱内が尿で満たされているわけではないのに膀胱の筋肉が収縮し、突如として激しい尿意をもよおすのが特徴です。

トイレが近くなる、回数が多くなるといった頻尿の症状のほか、尿漏れの症状が引き起こされることもあるのです。

過活動膀胱になりやすい人

頻尿や尿漏れの症状を引き起こす過活動膀胱は、前立腺肥大の人の割合が高いという見方がされています。

前立腺肥大の人の半数以上は過活動膀胱を伴っているとされているのです。また、一定の年齢の人に多いというのも、過活動膀胱の特徴の一つといえるでしょう。

40歳代以上の人が過活動膀胱を招きやすく、該当する年齢の人の8分の1は症状に悩まされているといわれています。

前立腺肥大と合併した場合にはどうなる?

過活動膀胱とセットで症状が出ている場合には、排尿困難となるためトイレにいくたび無理矢理排尿しようといきむ人が少なくありません。これにより多大な負担が膀胱にかかってしまい、膀胱の神経を障害することになります。

そしてわずかな刺激を受けただけでも過剰な反応を示すようになり、頻尿の症状がひどくなるという悪循環に陥ってしまうのです。

頻尿女性

神経性頻尿

頻尿の種類のなかの一つとしては、神経性頻尿を挙げることができます。この神経性頻尿ですが、一体どういったトラブルなのでしょうか。

特徴をまとめましたので、一読してみてください。

神経性頻尿とは?

神経性頻尿とは、精神的な不安やストレスが原因となって引き起こされる病気のことをいいます。慢性的な不安やストレスだけでなく、過度に緊張するような状況に置かれた場合にも、尿意をもよおすことがあります。

そのほかの原因

神経性頻尿は不安、緊張、ストレスといった心因性のものが原因になるほか、病気が原因となって引き起こされるケースもあります。

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など脳の病気により神経性頻尿が引き起こされることがあるのです。なお、この場合には過活動膀胱の状態に陥るのが特徴です。

過活動膀胱になるとどうなる?

膀胱が勝手に収縮するようになり、急激に尿意をもよおすことになります。最悪の場合、トイレに間に合わず切迫性尿失禁といって、漏らしてしまうことがあるのです。1回失禁すると、それを避けようと思ってトイレにいく回数が増加します。

神経性頻尿の対策

病気が原因の場合は病院で適切な治療を受けることが肝心ですが、そうでない場合はリラックスするのが効果的です。

趣味や運動でストレスを発散したり、物事を前向きに捉えて不安にならないようにしましょう。また、緊張しやすいという人は、あがり症を克服するような治療や訓練をおこなうのが効果的です。

心因性頻尿

主な頻尿の種類のなかには、心因性頻尿があります。この心因性頻尿とはなにか、疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。

ここでは心因性頻尿の特徴を解説しますので、参考にしてみてください。

心因性頻尿とは?

心因性頻尿とは、特に膀胱や尿道など排尿に関係している部位に異常はないのに、なんらかの原因によって尿意をもよおす病気のことをいいます。

このなんらかの原因のなかには、精神的、心理的な不安や緊張などが含まれています。原因となる状態に陥ると急激な尿意に襲われるほか、尿意のことで頭がいっぱいになってしまうのがこの病気の特徴です。

心因性頻尿の症状

心因性頻尿の症状は精神的、心理的な不安や緊張などにより起こりますが、尿意のことで頭のなかが支配されてしまうため、日常生活に支障をきたします。

すぐにトイレにいけるような場所でないと不安に襲われてしまうため、トイレのない場所を回避しようとする傾向があります。

トイレにすぐにいけない状態だと激しい尿意があるのにもかかわらず我慢しなくてはいけないため、非常に辛い思いをします。また、身体的、精神的疲労が溜め込まれている場合には、症状がひどくなるという特徴も心因性頻尿にはあります。

心因性頻尿の対策

不安や緊張、ストレスなどの原因を解決することにより、症状が改善されるケースがあります。症状が改善されるとこれまで頻繁に感じていた尿意がなくなります。

心療内科などで受けるカウンセリングや精神安定剤の服用によっても、治療効果を期待することができるでしょう。