頻尿の検査と治療

頻尿女性

この頃トイレにいく回数が多くなった、やけにトイレが近くなったと自覚している人も多いのではないでしょうか。実際に自分が頻尿かどうかを調べる方法はないかと疑問に感じている人もいるはずです。

大きくわけると2種類ありますので、参考にしてみてください。

病院でおこなわれる検査

頻尿かどうかをはっきりさせるためには、病院にいくのが一番確実です。

適切な検査がおこなわれることにより、頻尿かどうかを明確にできるだけではなく、頻尿の種類、原因となっている病気まで絞り込むことが可能です。

検査方法の一例ですが、夜間頻尿かどうかを調べるためにおこなわれる頻尿検査があります。この場合、症状が引き起こされているのか否かを確かめるため、検査のための入院が必要となるのが一般的です。

自分でおこなえる検査

病院にいく前に自分が頻尿かどうか調べたいという人もいるでしょう。その場合、セルフチェックをしてみてはいかがでしょうか。方法はシンプルで、排尿記録をつけるといいのです。

1日に何度トイレにいったか、どれぐらいの量の尿が出たか、何時にトイレにいったのか、尿漏れや失禁の有無はどうだったのか、どれだけ水分を摂取したのかをデータとして残すのです。

自己満足で終わってはいけない

排尿記録をつけることにより、頻尿の疑いがあるかどうか見極めるのに役立ちます。

ただ、自分が頻尿ではない、頻尿だと判断して終わるのではなく、病気が原因として隠れているケースがあるため、いずれにしても病院へいくことをおすすめします。

その場合の診断にも、自分でつけていた排尿記録が役立ちますので、持参するとよいでしょう。

頻尿の治療方法

もしも頻尿の症状に悩まされるようになった場合、治す方法というのはあるのでしょうか。こういったことに疑問を感じている人のため、頻尿の種類別に主な治療方法を紹介します。

実際に頻尿になってしまった場合にどういった対処のしかたがあるのか、参考にしてみてください。

過活動膀胱の場合

勝手に膀胱の収縮が起こる過活動膀胱ですが、頻尿、夜間頻尿、切迫性尿失禁といったものが過活動膀胱により起こります。

こうした頻尿に対しては、薬による治療が効果的といわれています。抗コリン薬を使用することにより、ひとりでに膀胱の収縮が起こるのを抑制します。

腹圧性尿失禁の場合

排尿に関わる筋肉が弱まることで生じますが、干渉低周波療法により電気刺激を与え、筋肉を強化する治療で改善するケースがあります。

また、簡単な手術による腹圧性尿失禁の治療方法もあります。これは膣を切開するなどして尿道を支えられるようにし、症状を改善するのを狙いとしておこなわれます。

そのほか、弱まった筋肉を鍛錬するのに効果的な骨盤底筋訓練と呼ばれる治療方法があります。これは膣や肛門をゆるめたり引き締めたりすることを繰り返す運動です。

尿失禁の場合

尿失禁のなかでも切迫性尿失禁の場合、尿意をもよおしてからでは間に合わない可能性があります。そのため、余裕をもってトイレにいき用を足すことが症状として効果的です。

また、強い不安感によって誘発されることもありますので、外出した際にはあらかじめトイレの場所を確かめておくと尿のことを過度に意識しないで澄むでしょう。